プロフィール

HAYATOのアイコン画像HAYATO

はじめましてHAYATOです。
現在愛知県在住の40代のおじさんです。
現在も普通に会社勤めのどこにでもいる会社員です。
以下ボクの副業の歩みを紹介していますので時間を凄く持て余している方がいらっしゃいましたら、暇つぶしに読んでください。

目次

転売から始まる副業ビジネス

副業としてインターネットビジネスに参入したのが2016年の12月

はじめは「せどり」といわれるいわゆる物販ビジネスを始めました。

実店舗に仕入れに行ってAmazonで販売して利益を出していくというビジネスです。

ボクは当時何も分からない超ド素人での副業の参入でした。

当時せどりをやっていた方のいろんなブログをチェックして実際に自分で凄いなぁ~と感じたSHOPUUさんに直接ブログでのお問い合わせで質問をしたのがきっかけでこの方から物販ビジネスのコンサルを受けることに決めてボクの副業はスタートしました。

国内転売から中国輸入へ

本当に何も分からなかったボクはSHOPUUさんから教えてもらったことをただただ愚直にこなしていただけでしたがネットビジネス全くのド初心者のボクが初月の月商が50万を超え、翌月には月商100万円を超え目の前で上がっていく売り上げの数字を見るのが楽しくて寝る間も惜しんでやっていました。

この時は中古ゲーム等をメインに仕入れに行っていて慣れてくると一回の仕入れで多い時には30万~50万とか仕入れが出来るようになっていました。
(当時の実際の仕入れ時の写真もついでに載せておきます)

年が明けた2017年の3月から自分のブログを開設して当時のボクが実際にやってきたことのありのままを記事に書いていました。

そんな中、2017年の4月から国内転売から中国輸入へシフト転換して販売先をAmazon、BUYMA、ヤフオク、メルカリと販路の拡大をしていくことになり毎日あつかう荷物の量も相当増えていくことに…笑

中国からの仕入れは160サイズの段ボールで多い時には一度に10箱くらい家に荷物が来るので部屋がめちゃくちゃでしたね..^^;

中国輸入をやっていた時の実際の荷物はこんな感じです。

BUYMAではアパレルも販売していたので仕事から帰ってくると個別の発想準備でアパレルの販売準備だけでも玄関前がこんな状態になる始末で…

実際に個人的には十分すぎるほど副業で稼げていたので楽しかったんですが、とにかく本当に忙しかったのを覚えています。

そしてここから更なる変化が…

雑誌の取材を受けることになる

この時に書いていたブログのお問い合わせである日、雑誌の出版社の方からご連絡がりました。

「来月号で副業で稼いでいる方の特集を組むことになって良かったら出て頂けませんか?」といった内容…

えっ!?

雑誌に載れるの!!!???

って感じでテンション上がったのは今でもハッキリと覚えています。

その時に実際に紹介された雑誌がこれです。

晋遊舎さんから発売されている「副業完全ガイド」という雑誌の2017/07号にてこんな感じ紹介されました。

実際に手に取って確認したらまさかのほぼほぼ半ページで紹介されていたので本当に嬉しかったです。

コンサル生を持つことに…

この雑誌の紹介をキッカケにブログからの問い合わせが急に増えたので正直言って

「メディアの力ってスゲーな…」

って感じでした。

そして中国輸入のやり方を教えてください!!

という問い合わせが結構来るようになって困っていました…

というのも実際に副業としてやっていたので、自分自身のことで手一杯の状態で、尚且つ、ボクが人様に教えるなんてどうなんだ?

という思いもありましたが、色々真剣に考えて、一旦自分自身の物販ビジネスを止めてコンサル生を受け入れると決断してそこからは本当に稼いでほしかったので、仕事以外の時間の全てをコンサルする時間に充てて死ぬ気で教えました。

沢山のコンサル希望のお問い合わせを頂きましたが、とはいえボクも身体は一つしかないので、Skype面談という形を取らせてもらって一人一人実際にお話しさせてもらって本気でやってくれそうな方をボクの方で3人だけ選ばせてもらってコンサルをさせて頂くことに。

やるからには絶対に稼いでもらいたいと思って開始したので当時のボクが知っていた稼げる為の知識と転売方法を出し惜しむことなく伝授させていただき、皆さん立派に巣立っていかれました。

ただ正直、人に教えるというのは難しくて、ボク自身も本当に勉強になり良い経験が出来ました。

物販ビジネスをやめることに

目まぐるしいほど駆け巡った2017年でしたが年が明けた2018年。

年明け早々にまさかの重度のギックリ腰になって仕事を丸一か月休むことになりました。

まぁ副業での収入はあったので本業での収入が減っても生活に困ることはなかったのですが、療病中に日々動けないなか、色々と自分を見つめなおす時間が増えていき、その時にふと思ったのが

「このまま物販続けるのか?」

でした。

実際に立ち止まって考えた時に急に不安になったんです。

毎日、本業での仕事を終えて、帰ってきてから購入者さんとやり取りや商品の発送の準備。

労働を終えて、帰宅してまた労働している自分…

ギックリ腰の状態では起き上がることも出来ずにまともに物販が出来ない状態に歯がゆい気持ちがありました。

気持ち的にも弱っていたんだと思いますが、この時に

ここで物販は区切りを付けよう!

と思い切って物販をやめてFXの世界に参入することになります。

※この時に書いていたブログは今は閉鎖しております。

投資の世界へ踏み出すことに

実はボクは2009年にFXをやっていました。

この記事を書いている現在が2020年なので11年前の話です。

この当時はまだまだ今みたいに個人トレーダーも多くはなかったと思いますが、この時ボクは実質一年ほどでFXをやめました。

理由は裁量トレードの難しさにやればやるほど勝てる気がしなくなったからです。

いわゆる絶対に見つかる事はない「聖杯探し」に陥り、迷宮入りしたのが当時のボクです。

そんな苦い思い出があるFXでしたが、ふとなんとなくまたやってみようかなぁ~と思って2018年からFXを始めることにしました。

昔(2009年の当時)はシステムトレードといわれるものが多かったのを覚えてますが、今は自動売買(EA)といわれるものが多く存在しています。

ギックリ腰をやらかした2018年の初めに動けない中色々調べていてその時に気になっていた自動売買をこの年の3月から30万円ではじめて夏には200万超えたのでこれは凄いな!と思った矢先に忘れもしません!

この年の8/10のトルコリラショックでこれまでの利益と運用資金の30万円の全て(約200万円)を溶かす始末に…汗

証券会社の絡みで200万を超えた時点で口座を2つに分けて運用開始した矢先の出来事で当時のロスカットに入ったときの履歴はこれです…

2つの口座合わせて▲¥2,154,270

もう衝撃過ぎて冷や汗かきました…笑

でも自分自身の勉強不足もあって自動売買に対してのリスクヘッジがちゃんと出来ていなかったこともこの時に学び、ここから色んな自動売買を試すことになっていきます。

ファンタスマゴリアで最悪の事態に…

2018年のトルコリラショックで大金を溶かしたボクはここから色んな自動売買を試していて、その結果をブログやインスタグラムで記載していたんですが、この年の12月に一人の男がDMで連絡をしてきました。

この男がのちにボクの人生で最悪の事態を巻き込むことになります。

SNSで連絡してきた男と会う事に

SYUと名乗る男性から連絡があったのが2018年の12月末頃で、年が明けた2019年の一月の頭に実際にお会いすることになりました。
※以下SYU=Sと書かせていただきます

連絡内容は、「Sが自身で開発したFXの自動売買(ファンタスマゴリア)をブログで紹介して欲しい、紹介料も出します。」

とのことだったのですが、最初は疑ってあまり相手にしなかったんですが、Sはその後もDMにて

実際に会ってその開発した自動売買の履歴なども直接お見せします。
無料で提供しますので実際に使ってみてください。

とのことで、その時にボクは余程の自身があるのかな?と思って実際に会う事に決めてお会いしました。

その時の印象は好青年で頭も良さそうな印象で、羽振りも良くその時にボクを含めて四人でお会いしたんですが、この時のランチ(焼肉)をご馳走してくれました。

実際に稼いでいる雰囲気もあってSが言うには、Sには投資のお師匠がいてその方に色々と面倒見てもらっているとのことで、この時にSはYouTubeでも昨年の年収で500万ほどあったと言ってました。

実際にSが開発したと言っていた自動売買(ファンタスマゴリア)の履歴やロジックなども聞いてやってみてもいいかな?

と思い、そこからこの自動売買を自身で使いながらブログ等で紹介していくことに決めたのが2019年の1月のことです。

要はSは自身が開発したと言っていた自動売買(ファンタスマゴリア)を広めたかったようでボクのように紹介してくれるアフィリエイターを他にも探して、2019年の4月頃にはSが開発した自動売買を使うユーザーさんが全体で1000人近くまで増えていました。

ボクが実際に紹介したのはこの中の約200人ほどでしたが、3月頃から少し様子がおかしいと変な違和感が出始めたのを覚えています。

様々な投資案件を展開させられることに…

ボク自身がファンタスマゴリアを紹介した方だけでも約200人はいたのでこの方たちのサポートをしっかりとしなきゃ!と誠心誠意サポートしていたのですが、Sは色々な投資案件を案内すように言ってきだしました。

「お師匠お墨付きの案件なので間違いなくやばいですよ!」
「お師匠の知り合いの方の案件でこれもまた別格で相当凄い案件なので是非展開してください」

などなど、今思うとなんであそこまで言いなりになっていたのか…

ただ展開していく新規の投資案件がことごとく稼げないものばかりでユーザーさんたちが損失を出していくのを見るのがつらくなってきて、ボク自身の中でもだんだんとSに対して不信感が出てきていました。

集団訴訟になるほどの展開に

2019年の5月に案内することになっていたコピートレードの案件で大きくことが動き始めました。

ボクら自身もこのコピートレードを案内する時にSから教えられていた内容が事実とは全く異なる内容であることに気づき、これは『アカン!』ということになり、ボクをはじめ、当時アフィリエイターとして一緒に活動していた他3人と一緒にクーデターを起こす計画を立てました。

実際に虚偽がある投資案件は絶対にあってはならないことで何も知らなかったとはいえ、この案件を案内してしまった事実はボクには重く圧し掛かっていました…

先ずはボク自身でこのコピートレードの案件を紹介した方がこの時に約100人いたのですが一人一人に謝罪の連絡をして電話で直接お話しできる方には直接電話にて謝罪をさせてもらいました。

ここからは実際にボクらの行動に賛同してくれる方々の思いもあって一気にSとの対決へと向かいユーザーさんらと一緒に訴えることも踏まえて動いていきました。

実際にユーザーさんで代表をしてくれる方や、近所で直接お会いできるユーザーさんと一緒に弁護士の方へ相談に行ったりと出来る限りのことをやって、個人でも訴えるという方も出てきてそういった方々のご協力は今でもやらせてもらっています。

TEAM+という名のコミュニティを開設

様々な出来事があって2019年の後半はほぼSの虚偽案件で時間を費やすことになり、ボク自身も正直精神的には参っていました。

2020に入って、当時、実際にファンタスマゴリアのコミュニティで一緒にクーデターを起こした最初の4人で集まって今は「TEAM+」という名のFXの自動売買を提供するコミュニティを作り活動をしています。

反面教師とはよくいったもので、ここで集まった4人はファンタスマゴリア時代に起きたあのような悪夢は二度と起こしたくない!

という強い思いで集まってユーザーファーストを第一に考えたコミュニティの運営をやろう!と決めて現在もこの気持ちは変わらずやっております。

おかげで今はTEAM+のコミュニティ内には約230名ほどのユーザーさんがいらっしゃいます。

もちろん自動売買だけでなく、個人的に裁量トレードのスキルも上げたいと思って日々FXと格闘している毎日です。

長々と長文になってしまいましたがボクの副業としての歩みはこの辺で…

ここまで読んでくれた方がもしいらっしゃいましたら本当に感謝です。

こんな長文を最後まで読んで頂きありがとうございました。

では引き続き本ブログで宜しくお願い致します。

目次
閉じる