ダウ理論をもとにエントリーポイントを見つけよう!

FXを始めたばかりの人には「ダウ理論」というワードは初めて聞くという方も中にはいるかもしれませんが、このダウ理論を元にルールを決めてやるだけでも比較的に勝率は上がるかと思います。

FXでは様々なテクニカル分析方がありますが、全ての答えはローソク足にある!と昔から言われてそれらを元に考えられたこのダウ理論は歴史も古くその手法は現代でもしっかりと活用でき、今もなお多くのトレーダーが意識して使われている理論です。

目次

ダウ理論とは

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。

古典的な理論と思われがちですが、全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています

ダウ理論を理解することで、株式や仮想通貨、FXなどあらゆる相場を分析するための基本的な考え方を身につけることが出来ます。

ダウ理論は6つの基本法則から構成されている

ダウ理論には分かりやすくするために6つの基本原則に分けられていますが、FXを始めたばかりの人にはこれら6つ全てを理解するには経験も交えながら覚えていくとなるとそれなりに時間が掛かってしまします。

なのでこの6つある基本原則のうち一つだけをしっかりと理解してマスターしていくだけでも相場の見方がこのダウ理論を元に当てはめて分析するのでそれなりに勝率も上がっていくかと思います。

では6つある基本原則のうち、どれが重要なのかについて、ダウ理論の6つの原理原則がどういったものがあるのか確認してみましょう!

・平均はすべての事象を織り込む
・トレンドには3種類ある
・主要トレンドは3段階からなる
・平均は相互に確認されなければならない
・トレンドは出来高でも確認されなければならない
・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

上記の6つがダウ理論の原理原則です。

そしてFXにおいて最も重きを置くべき原理原則は最後の

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

となりますので、ダウ理論を勉強していくなら先ずはここをしっかりと理解していきましょう。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

これは読んで字のごとくそのままなのですが、イメージをしやすいように細かく解説していきたいと思います。

相場の動きというのは一直線にダァー!!と上がったり下がったりすることはなく、細かい上下の動きをしながら上昇していったり下降していったりします。

この場合、レンジ相場(横ばいの動き)は置いておいてトレンドに注目して見て行きます。

どれだけ強い上昇トレンドでも下降トレンドでも必ず相場はどこかで転換期を迎えます。

ではその転換期のポイントはどこになるのか?

このポイントの見極め方が、ダウ理論の最後の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」に当てはめられますがそれを以下の図で解説していきたいと思います。

この図の場合上昇トレンドが発生して高値と安値が同時に切り上がって行っています。

高値A~高値Cまで切り上がって行くと同時に安値A~安値Bまでも安値が切り上がっています。

しかし、高値Dのポイントが高値Cを超えれずに尚且つ直近安値をも下に割ってきましたのでこのタイミングでもしかしたら相場の転換期かな? と疑います。

そしてしっかりと直近安値のラインを下に抜けたのを確認出来たらここで売り(ショート)でエントリーをしてみます。

このまま相場の転換期だったらそのまま今度は高値と安値を切り下げていきながら相場は下降していく事になりますが、相場の動きには絶対はありませんので、この時に最悪の場合の事も想定してエントリーしないといけません。

損切りをラインを決める!

FXではこの損切りが出来ない人は高確率で資金を飛ばしますので自分がエントリーしたポジションに対してはしっかりと資金を残すためにも損切りするポイントも同時に決めておかなければなりません。

先ほどの図をもう一度ここで出しますがこの場合でのエントリーに対しての損切ラインは直近高値Dのポイントを大きく抜けてきたら損切りして一旦仕切りなおすことが良いかと思います。

相場の動きには絶対はありませんので必ず上がる!とか、ここで必ず下がる!という思い込みでやるのは危険です。

未来の動きなんて誰にも分からないので後々になって資金を飛ばして後悔しないように資金が減っても生き残る選択をすることが大切です。

ただダウ理論は多くの投資家も意識して見ているポイントになるので、値ごろ感で「あ~ボチボチ下がるかなぁ~」といった安易なトレードをやるよりかは勝てる確率は上がるかと思います。

ダウ理論の重要性

ダウ理論が世に出てきたのが、1903年で、このブログを書いている現在が2020年です。

ざっくり計算してもダウ理論の歴史は100年以上も前に出来ています。

現在は、様々なテクニカル分析がありますが、このダウ理論は100年以上経った現代の相場でもしっかりと活きて多くの投資家やトレーダーが活用しています。

それだけダウ理論が重要視されているという事です。

多くのFXのプロトレーダーも活用しているとされるこのダウ理論を理解していないFX初心者は相場の波に簡単に飲み込まれてしまう可能性は十分にあります。

自分自身の今後のFX人生においてしっかりと結果を出していきたいと本気で考えている方は先ずはこのダウ理論の最後にある基本原則となる「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」の部分は最低でもしっかりと理解して覚えて、そして実戦していく事が大切です。

頭で理解しても実戦で使えなければそれはただの知識になり、稼ぐための武器にはなりませんからね。

まとめ

ここではダウ理論においてFXをやる上で、最も重要とされている

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

について細かく解説していきましたが、時間がある方はそれ以外の5つの原理原則もどのようなものなのか勉強するに越したことはないです。

ボクも日々勉強中なので一緒にレベルアップしていけたらと思います。

この記事が誰かの役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではでは~

HAYATOの独り言

HAYATOのアイコン画像HAYATO

観光バスに備え付けられてあるテレビって商用で使われているらしく、実は一台ごとにNHKの受信料を払っているらしいです。

コロナ過で観光バスも今や待機している台数も多い中、この受信料も何気に負担大きいでしょうね…

ってなんだこのシステムは!!!笑

この話が本当ならマジでもったいないですね…

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

HAYATOのアバター HAYATO TEAM+STAFF

FXって本当に稼げるのか!?をテーマに実際に自分で検証してみた結果や感じた事などをまとめたいと思ってブログをはじめましたが、2020/7月にWordpressの操作を誤って、これまで書いてきた記事が全部消えるという事態に...

また新たにコツコツブログ開始して行きますのでよろしくお願いします。

FX・ブログ・アフィリエイトについての経験談を元に少しで誰かの役に立つ記事をと想ってアウトプットしております。

目次
閉じる