FXにおいて重要な相関関係について

FXでは2国間の通貨ペアの取引で行われるのはすでにご存知かと思いますが、人間関係に相性があるのと同じで様々な通貨ペアにも相性があってそこに相関関係が生まれます。

今回はFXにおいて需要な相関・逆相関の関係についてまとめた記事となりますので参考にしてみて下さい。

目次

相関・逆相関とは?

FXで同じような値動きしやすい通貨ペアのことを「相関」
逆の値動きをしやすい通貨ペアのことを「逆相関」といい、この2つの方向性の強弱を測る指標として「相関係数」が存在します。

これは、各種通貨ペアを一つのチャート画面に出してみていると、分かりやすいのですが

「あれ?この通貨ペアと似たような動きをしている通貨ペアがあるな!」

とか

「鏡で映したかのように真逆の動きをしている通貨ペアがあるな!」

といったチャートの形目にしたことがありませんか?

もしないという方は一度様々なチャートを同時に画面に表示してみてください。

ここで言っているような感じのチャートが出てくるかと思います。

例えば、○○/円といったようにドル円・ユロ円・ポンド円といった円シリーズが上昇傾向にあるときは比較的に円絡みの通貨ペアが似たような動きをしている。

その他にもEUR/GBPの通貨ペアが上昇しているときは、ユーロ絡みの通貨ペアが強い逆にEUR/GBPの通貨ペアが下降しているときは、ポンドが強い傾向にありやすい

などといったように各国の国の通貨には相関・逆相関の関係があって、同じ方向に引っ張られる通貨ペアや対照的に離れていく通貨ペアが存在します。

相関関係を覚えることでトレードが有利になる!

この相関関係を頭に入れておくと自身のトレードスキルも格段に上がります。

もし何気に見ていたドル円のチャートが急に下落下降に入ったのを見て、「ん?」と感じた瞬間にその他の円絡みの通貨ペアをチェックし、似たような動きをしていたらそのタイミングは円シリーズが下降トレンドに入った可能性が高くなったと判断出来るので売りで仕掛けていくと比較的に勝率も上がる傾向にあります。

もしこの時にドル円だけの下落で他の円シリーズの通貨ペアが似た動きをしていなかったらドル円単発で何かしらの影響があって動いたかも? と判断し、一旦を様子見てみると直ぐに元の値まで戻ってくることもあったります。

要は関係性が高い通貨ペアを監視することで、それぞれが同様の強い動きが発生したときは、その方向にトレンドという波が出たと判断出来るので、そこに飛び乗っていく事でその勢いで利益を出す可能性が格段に上がるというわけです。

しかし先ほども言いましたが、単発で動いているときはいわゆる「ダマシ」の可能性もあるので、この相関関係を知らないとダマシにも会いやすくなるのでトレードスキルを上げたいのならば相関関係をしっかりと学ぶことが重要になってきます。

相関関係をより簡単にチェックするには?

実はFXの相関関係は簡単にチェックすることが出来ます。

これはDMM FXあるプレミアムチャートにある「比較チャート」機能でこれは結構おススメです。

>>DMM FX

何がおススメなのかというと、チャート上に他の通貨ペアやCFD銘柄(全27銘柄)を複数表示してリアルタイムで比較できます!

しかも、DMM FXで口座開設すればプレミアチャートも無料で利用できるので、ぜひお試しください。

>>DMM FX

ちなみに国内のFX業者でもDMM FXはスプレッドも最小で使いやすいといった評判も高いので証券会社としてもおススメですね。

相関関係の判断でエントリー後はテクニカルで決済!

これはFXのトレード手法の一つになり、参考にする程度で頭に入れておいてほしいのですが、先ほど言ったように相関関係を見て類似通貨ペアが同一方向に伸びだしたらトレンドが発生したと判断して、飛び乗ってエントリーするとお伝えしましたが、ここではその先の決済につての話です。

FXでは決済のタイミングが最も難しいのでどこで利確をするのか迷う方も多くいらっしゃいます。

一瞬大きく含み益が伸びたのを見て下がって行くと、またそこまでもどらないかなぁ~と変な期待をして待ってしまい、せっかく出ていた利益が今度は一転、含み損になってしまってストレスが貯まるなんてことはホントにFXあるあるです。

なのでここではある程度のテクニカルを用いてそこを決済ポイントとして、条件に達したらサクッと利確の確保をして、再度またエントリーチャンスを待つようにした方が変なストレスが溜まることはないです。

決済ポイントとして使うテクニカルは

・レジサポライン
・キリ番
・ピボット
・フィボナッチライン

この辺りのテクニカルでご自身が普段良く使うもので決済ポイントを決める感じで良いかと思います。

基本的にボクはレジサポラインを良く引いているのでこのラインを決済ポイントなどに利用しています。

まぁこの手法もFXのトレードをやる上での一つの参考例なので決済ポイントがいまいち上手く出来なくて困っている方は試してみても良いかと思います。

まとめ

相関関係を知ることでFXのトレードのスキルは間違いなく上がって行きます。

各種チャートを開いて監視するのも良いですがパソコンのモニターが大きくないとこれは見にくいといったデメリットが生まれます。

なのでモニターが小さい方はここで紹介した>>DMM FXのプレミアムチャートを使う事で解決できるかと思いますのでこちらも試してみて下さい。※無料で使えます。

ただFXはエントリーしたポジションを上手く裁けるかどうかが利益を伸ばしていく明暗を分けるので、決済ポイントをしっかりと決めたら変な良くは出さずに淡々と作業をこなしていく行く感じでやっていきましょう!

この記事が誰かの役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではでは~

HAYATOの独り言

HAYATOのアイコン画像HAYATO

ボクはブログの記事を時間があるときに書き溜めていて、それらを予約投稿という形で毎日更新継続出来るようにしているのですが、実はこのブログを書いているのは10/5の月曜です。

何事もコツコツと継続していく事が大事だとは思いますが、継続するって本当に大変ですよね。

大変だと感じないように、何事も楽しんで出来るように取り組む努力は必要ですね^^

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

HAYATOのアバター HAYATO TEAM+STAFF

FXって本当に稼げるのか!?をテーマに実際に自分で検証してみた結果や感じた事などをまとめたいと思ってブログをはじめましたが、2020/7月にWordpressの操作を誤って、これまで書いてきた記事が全部消えるという事態に...

また新たにコツコツブログ開始して行きますのでよろしくお願いします。

FX・ブログ・アフィリエイトについての経験談を元に少しで誰かの役に立つ記事をと想ってアウトプットしております。

目次
閉じる