MT4でインジケータを設定したチャートを保存して新規チャートに活かそう!

MT4

 

 

ここではMT4で自分好みのチャートに設定したを保存して、新規チャートにその保存したチャート設定を反映させるやり方について解説していきます。

 

 

チャート分析をするにあたって自分好みに様々なインジケーターをチャートに組み込んでいくのは意外と面倒だったりしますよね?

 

 

複数のインジケーターを設定するだけでも設定数値もそれぞれ違えば、反映させるラインの色などもそれぞれのチャートの統一して入れるとなれば尚更手がかかります。

 

 

でも一度自分好みに設定したチャートはMT4では保存ができて、その保存した設定を新たに出したチャートに一瞬で反映させることが可能なんです。

 

 

知らない方はきっと毎回同じ設定を一つ一つ新規チャートに設定しているかと思いますがこの記事を読んでこれまでの苦労を一掃してください。

 

ホントに簡単なのでサクッと覚えちゃいましょう!

 

【動画での解説はこちら】


 

【ブログ解説は以下より】

ということで先ずは、自分が設定したチャートを開きましょう!

 

 

上記チャートに設定しているのはドル円チャートで

 

・移動平均線「14日(赤色)・30日(黄色)」
・MACD
・ボリンジャーバンド
・グリットの削除(チャート背景の網の目の線のこと)

 

この4点を設定しています。

 

これだけの設定でも新規チャートにまたはじめから設定するのってちょっと面倒ですよね…

 

 

そこで活躍するのがこの「チャートの定型の設定」というボタンです!

 

以下の画像の部分にカーソルを持っていくと下にプルタブが開きます。

 

 

ここにある「定型として保存」のボタンをクリックすると以下のような画面になります。

 

 

 

ここでファイル名の部分を自分が分かりやすい名前に書き換えて保存をします・

 

 

 

ちなみに日本語でも問題なく保存できますのでここでは「MYチャート仕様」と書き換えて保存してみました。

 

これで自分好みに設定したインジケーターのチャートはMT4に保存完了です。

 

 

では次に新規チャートにこの保存した設定チャートのインジケーターを一瞬で反映させましょう!

 

 

まずは自分が分析したい通貨ペアの新規チャートを出します。

 

 

 

ここではGBP/USDのチャートをとりあえず出してみました。

 

そして上記画像のようにカーソルを保存したときに押したボタン「チャートの定型の設定」に持っていくと先ほど同様に下にプルタブが開くのですがよく見ると・・・

 

 

先ほど保存した名前の物が入っているのが確認できるかと思います。

 

上位画面を確認してもらうと分かるかと思いますが保存したときに付けた「MYチャート仕様」の項目が追加されていますよね。

 

 

このボタンをクリックするだけです。

 

 

いきますよ?

 

はい!

クリックしました!

 

 

 

すると新規に開いたチャートに先ほど保存したインジケーター類が一瞬で反映されました!!!

 

 

これってたくさんのインジケーターを設定している方だけでなくてもかなり重宝するかと思います♪

 

 

また、保存したものですでに使用しなくなったものも簡単に削除できます。

 

削除方法は・・・

 

 

 

「チャートの定型の設定」のボタンにカーソルを持っていくとプルタブの中に「定型を削除」

という項目がありますのでそこにカーソルを持っていくと今度は右側に保存されている項目が出てきますのでここから削除したいものを選択するだけです。

 

 

文字で説明していますが簡単ですよね?笑

 

 

是非活用してみてください^^

 

 

ではでは~

タイトルとURLをコピーしました