SEOでキーワードを考えたブログと何も考えないブログの違い。

ブログで稼いで行くために実際には、どれだけSEOでの対策をしてキーワードを狙って記事を書くことが大事なのか、それを証明するために実際に検証した画像も含めて解説していきます。

SEO対策をしないとブログでは効果は全く出ない

結構最初にブログで稼ごうと始める方で誤った方法でやりがちな事が記事の大量投入です。

wordpressで記事を書く場合は1日の内に何個の記事を投入しても問題はないのですが、それを例えば何もSEOの対策もせずに適当にキーワードも考えずに書いた記事はいくら大量に投入しても全く意味がないし、正直言って時間の無駄です。

それでもやる人っているんですが、そうやって教えている人がもし居るんでしたらその方はかなり間違っている可能性がありますので直ぐに辞めた方がよいです。

何故そこまで僕が言い切るのかというとそれを証明するために実際に僕が時間を掛けて検証しましたのでその証拠画像と合わせて説明して行きたいとおもいます。

先ず以下の画像を見てください。

これは僕が実際に2018.9月に丸々一ヶ月かけて記事を大量に投入したwordpressのブログです。

もちろん記事は全体の方向性をまとめて(これは健康に関する方向性で書きました)、文字数も全て1記事1000文字以上で書いてあります。

一ヶ月で82記事の投稿なので一日平均3~4記事の投稿です。

ただある程度の方向性でまとめて書いてはいますがこれらにはSEOの対策は何一つ考えずに思いついたままに文章を書いた感じです。

そして今日が2018.10.7ですので大量に記事を投入してから一週間が過ぎましたがこのブログの今日現在のアクセス数を見てみましょう。

これリアルのデータですがこれを見てどう思いますか?

ビビりますよね(;’∀’)笑

1記事最低でも1000文字以上で、ある程度の方向性をまとめたとしても、SEOの対策を何もしてないと、どれだけたくさんの記事を投入しても結果なんていつまでたっても出ない事がわかるかと思います。

SEO対策をしたブログでは効果はちゃんと出る

では次にご紹介するデータは2018.9.29から開始したwordpressでのブログのデータです。

先ずは以下の画像を見てください。

こちらのブログはしっかりとSEO対策をしてキーワードも狙って毎日一記事で最低でも1000文字以上で書いてますが記事の投稿数を見てらうと分かるかと思いますが実際に今日時点で投稿出来ている記事数はたったの9記事です。

ちゃんとSEO対策をした記事は一日1記事投稿出来ればすぐに結果が出ますので時間がに余裕があって記事が余分に書けた場合は日付指定で翌日や、翌々日で予約投稿の設定をすればOKです。

※実際に上記の画像では4記事が公開予約として設定してますので明日以降で4日分の記事を貯金出来ていると思ってください。

そしてこのブログのアクセスデータがこちらになります。

まだたったの9記事しか投稿していないのにすでにアクセスが出始めているのが分かるかと思います。

最初に紹介したブログは一ヶ月かけて82記事も書いたのにアクセスはほぼゼロに等しい結果に対してこちらは9/29に開始してまだ今日までまだ9日しか経っていないのにこの結果です。

時間の無駄遣いはマジでもったいない!

これら二つのブログの結果をみてどう感じますか?

やみくもに記事を書くことがどれだけ時間の無駄か証明するために僕が変わりに無駄な時間を使って検証しました。笑

結構このデータを取るために無駄な時間を使ったのは事実ですが、それでもちゃんとSEO対策をする事がどれだけ大事で物凄く大切な事なのかを検証してみてもらう為にはやった方が良いかと思って検証しました。

せっかく僕のブログを見てくれてる方にもこの記事を読んでくれる時間を決して無駄にしてほしくないのでここで紹介した検証結果はマジですので、これからブログで稼ごうとお考えの方は本当にSEO対策をしっかりとしてちゃんとキーワードを狙って記事をしっかりと書くことを意識してくださいね!(^^)!

ワンポイントアドバイスとして絶対的に言えることは、同じ時間を使ってブログを書くなら適当に考えて書いた記事を大量に投入するよりは、SEO対策をしっかりとして狙ったキーワードでちゃんと記事を構成して1記事しっかりと作り上げる方がはるかに良いです。

ちゃんと考えられた記事がたくさん積みあがって行くブログは確実にアクセスが伸びあがって行きますので、今後はそれを証明するために、後半でご紹介したブログをこのまま本当に伸びていくのか!?を検証していきますので、また新しく報告出来るデータが仕上がってきたらこちらはまた情報公開していきますので待っててくださいね♪

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする