XM(XMTrading)の特徴・メリット&デメリット

XM(XMTrading)

国内の証券会社じゃレバレッジがちょっと物足りないなぁ~と思っていて、海外で良い証券会社ってどこかある?

 

って探している方はXM(XMTrading)がお勧めですよ♪

 

ボクも海外の証券会社のメインはXM(XMTrading)です^^

 

 

あくまでも個人的な感想になりますが、マイアカウントも非常に見やすく感覚的にいじれて、かなり使いやすいです。

 

 

一人8個までの口座開設が出来るので様々なEAを使い分けて稼働するにも便利ですし、使用しなくなった口座も直ぐに解約も出来るので口座の整理も楽です。

 

 

>>XM(XMTrading)サイトはこちら

 

 

ちょっと簡単に以下、XM(XMTrading)についてまとめてみました。

 

総合評価
5
レバレッジ倍率 最大888倍
スプレッド(平均) 1.7pips/ドル円、2.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨 57通貨ペア
1LOTの単位 10万通貨 ※スタンダード口座
両建て ◯※但し、禁止になる場合もある
追証 なし(借金リスクなし)
ロスカット 20%
約定力
入出金手数料 無料
日本語サポート あり(24時間サポート)
モバイルアプリ MT4・MT5

 

 

>>XM(XMTrading)の口座開設はこちら

 

XMの主な特徴は、最大レバレッジ888倍で資金効率が良い、追証なしで借金リスクゼロ、そして豊富なボーナスキャンペーンです。

 

 

そして2018年にはサービスの質が評価され、World Finance Magazineより2018年のベストFXブローカー、ヨーロッパ賞を受賞しています。

 

>>XM(XMTrading)の口座開設はこちら

 

 

 日本人でも安心の日本語対応のサポート

海外の証券会社でネックになるのが英語でのサポートですがXM(XMTrading)では日本人のスタッフが24時間いつでも対応してくれます。

 

最大レバレッジ888倍で少額資金でFXトレードできる

XM(XMTrading)での最大のメリットはなんといっても最大888倍のレバレッジです。

 

 

例えば、ドル円が110円の場合、国内FX業者(レバレッジ25倍)だと、1万通貨のポジションを取る際の必要証拠金は44,000円ですが…

XM(レバレッジ888倍)だと同じ場合、必要証拠金は1,238円で済みます。

 

 

資金がそこまでない方でもこのレバレッジなら少ない資金でFXでトレードをすることが可能になるので国内の証券会社に比べたら遥かに有利ですよね。

 

 

ただレバレッジが大きくなるとその分、かなりのポジションを保有することも出来るのでギャンブルにならないようにしっかりと資金管理を行わないといけませんよ!

 

>>XM(XMTrading)の口座開設はこちら

 

追証無しで借金リスクなし | ゼロカットシステム

XM(XMTrading)ではゼロカットシステムがあります。

 

ゼロカットシステムって何?

 

 

ゼロカットシステムとは、例えば、XMに100,000円の証拠金を入金したとします。

そこから取引を開始して、相場が急激に動いて120,000円損失が出たとします。

通常ゼロカットシステムが無いFX業者の場合は上記のような損失を出すと、証拠金が20,000円不足しているので、不足額の20,000円をFX業者に支払う義務があります。

でもXM(XMTrading)では、このゼロカットシステムがあるので不足額の20,000円を支払わずに済むという事です。

 

 

 

実は日本のFX業者は法律でセロカットシステムを導入することを禁じられているのでこういったシステムはかなり有難いと思います。

 

>>XM(XMTrading)の口座開設はこちら

 

 

XM独自のポイントサービスが凄い!

XM(XMTrading)ではロイヤリティプログラムで取引するたびにボーナスや現金が貰えるサービスがあります。

 

 

ロイヤルティプログラムには4つのステータスがあり、ステータスによってXMP(ロイヤルティポイント)の還元率が異なります。

 

初回入金後、取引を行うたびにXMPが貯まっていくのですが、この貯まったXMPは現金と交換したり、証拠金として使用できたりします。

 

 

このポイントが実は何気に美味しいボーナスなんですよね~

 

 

最大ランクの「ELITE(エリート)」までいけばかなりのスピードでこのポイントも貯まっていきますよ^^

 

>>XM(XMTrading)サイトはこちら

 

 

XM(XMTrading)のデメリットは?

もちろんメリットばかりではないのでここからはデメリットについて紹介もしておきますね。

 

・顧客の資産を分別保管しているが信託保全ではない
・スプレッドが国内FX業者と比較して広い
・銀行出金の場合手数料が高い

 

・顧客の資産を分別保管しているが信託保全ではない

分別保管とは、FX会社の資産と顧客の資産を分けて保管することです。

信託保全とは、FX会社が顧客から預かった証拠金を信託銀行に信託することにより、法的に顧客の式を守る仕組み。万が一FX会社が破産、倒産という事態になっても、信託保全されている資産の範囲内で返還するというものです。

 

XMは、英国バークレイズ銀行に顧客の資産は保管されているんですが、万が一XMが倒産した場合、バークレイズ銀行にあるXMの口座に資産が保管されているので預金はXMが所有していた資産として差し押さえられちゃいます。

 

分かりやすく言うと、顧客に返還されない可能性があるという事です。

 

しかし、上記のように返済不可能となった場合、XM(XMTrading)では顧客の資産を保護するため最大100万ドル、日本円にして約1億円までカバーされるAIG保険に加入しています。

 

・スプレッドが国内FX業者と比較して広い

国内の証券会社に比べると海外の証券会社ではスプレッドが広いです。

 

日本のFX業者の平均スプレッドはドル円で約0.3pipsですが、XMはドル円1.7pipsになります。

 

当然スプレッドが広いという事は、スキャルピングのような短期トレードには向いてないかもしれません。

 

なのでスイングトレードやデイトレをやる方にはあまり問題ないかとは思います。

 

・銀行出金の場合手数料が高い

これは海外の証券会社全部に言えることなんですが、出金手数料が国内の証券会社に比べると高いです。

 

この出金手数料はだいたい4~5,000円の出金手数料がかかります。

 

ただこれに関してはBitWalletなどを使って出金を行えばこのデメリットについては解決するかと思います。

 

>>XM(XMTrading)サイトはこちら

 

まとめ

これまでに話した内容で、デメリットも含めて総合的にみてもXM(XMTrading)は個人的にはかなりおススメの海外の証券会社かと思います。

 

実際にボクの周りでFXをやっている方でXM(XMTrading)を利用している人はかなり多いです。

 

気になる方は実際にXM(XMTrading)のサイトで色々チェックしてみてください。

 

>>XM(XMTrading)サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました