XM(XMTrading)の新規口座開設手順

XM(XMTrading)

XM(XMTrading)で初めて口座開設する方に向けたマニュアル記事です。

画像付きで解説してますので分からない方は参考にしてください。

 

 

先ず、XM(XMTrading)で新規口座の開設をスムーズに行うために最初に用意しておいた方が良いものが2点あります。

 

・身分証明書(免許証・パスワードなど)
・住所証明書(住民票・公共料金明細(電気、ガス、電話)などで現住所が確認出来るもの)
上記2点をはじめに準備しておくと良いです。
ちなみに、スマホで口座開設をされる方はスマホの画像フォルダーに入れておくと良いです。
ここまで準備が出来たら早速、新規口座開設をやっていきましょう。
先ずは以下からXM(XMTrading)のサイトへ行きましょう。

>>XM(XMTrading)はこちら

 

▼口座開設手順

  1. ステップ1
  2. ステップ2
  3. 登録したメールを確認しよう
  4. 会員ページにて書類のアップロードをする

 

ステップ1

>>XM(XMTrading)はこちら

上記ボタンからサイトへ行くと以下のようなページになりますのでこの中にある、「口座開設を開設する」クリックしてください。

 

 

すると個人情報の入力欄に切り替わります。

 

 

上記画面はステップ1です。
ここで上から

 

個人情報
・名前
(英語記入で左の欄が名前、右の欄が苗字)
・居住居
(JAPANを選択)
・希望言語
(日本語を選択)
・電話
(ご自身の携帯番号を入力)
・Eメール
(ご自身のEメールアドレスを入力)
取引口座詳細
・取引プラットフォームタイプ
(MT4 or MT5 ご自身が使用する方を選択)
・口座タイプ
(スタンダードが主ですが、その他でご自身が使いたいタイプがあればそちらを選択)
入力が完了したらステップ2へ進むのボタンをクリック。

 

ステップ2

ステップ2へ進むと以下の画面に切り替わりますので上から順に必要事項を入力していきます。

 

画像の下に入力項目の詳細を書いてますので参考にして下さい。

 

 

以下入力していく手順の詳細です。
個人情報
・名前
(全角カナで左の欄が名前、右の欄が苗字)
・生年月日
住所詳細
・「都道府県・市」「番地・部屋番号」「区町村・町名」「郵便番号」
(それぞれ住所項目は英語で入力)
・納税義務がある米国市民ですか?
(いいえを選択)
自宅住所を英語で書けない方はこちらを使うと便利です。
>>住所→Address変換
取引口座詳細
・口座の基本通貨
(JPY日本円を選択)
・レバレッジ
(1:888を選択)
・ボーナス
(はい、受け取ります。)
投資家情報
・投資額
(USD額でご自身の投資額に当てはまる項目を選択)
・取引の目的および性質
(ご自身の目的に当てはまる、もしくは近いものを項目を選択)
・雇用形態・職種・学歴
(それぞれご自身の目的に当てはまる、もしくは近いものを項目を選択)
・所得総額・純資産
(それぞれUSD額でご自身に当てはまる項目を選択)
口座パスワード
・口座パスワード
(アルファベットの大文字・小文字・数字の三種で組み合わせて入力)
・パスワードの確認
(先ほど入力したパスワードを確認でもう一度入力)
確認
・チェックボックスにそれぞれチェックを入れる。

 

全て入力完了したらリアル口座開設をクリック。

 

登録したメールを確認しよう

ここまで完了すると登録したメールアドレスに以下のような文面でID番号が送られてきます。

 

 

ここに記載されているID番号と、サーバー番号(XMTrading-Real 〇〇と書かれているもの)、あと先ほどご自身で決めたパスワードを忘れないように控えておきましょう。

 

控え終えたら、メールの文面にある、

 

 

をクリックして会員ページへログインしてください。

 

会員ページにて書類のアップロードをする

ここで最初に用意してもらっていた身分証明書と住所確認証明書が必要になります。

 

先ずログインすると、以下のようなページになりますのでそこにある自身の名前のところにカーソルを合わせると画像のようにプルタブが開きます。

 

 

この中にある「書類をアップロードする」をクリックして下さい。

 

するとこちらの画面に切り替わるので、それぞれの項目に準備してもらった、身分証明書と住所証明書をアップロードしてください。

 

2点ともアップロードが完了したら下にある
書類をアップロードするをクリックしたら終了です。

 

お疲れさまでした。

 

 

あとはXM(XMTrading)の事務局が確認して受理されると正式に口座が有効化されます。

 

有効化される場合も本人確認がNGの時も登録しているメールアドレスに連絡が入るので、もしNGだったら連絡内容に記載されている通りに手直しをして再度書類のアップロードをしてみて下さい。

 

文字だけで追うと分かりにくいという方は動画での解説もしてますので良かったらこちらを参考にしてください。

 >>XM(XMTrading)の特徴・メリット&デメリット

タイトルとURLをコピーしました