7/29(火) EUR/GBP裁量トレード日記

この記事は、僕が過去にFXの裁量トレードに挑んで本当に難しいと思い一度は断念し、EAに頼るようになってましたが、また少しづつ勉強してみようと自分なりの考えを記録にするための記事です。

この日はユロポンにて裁量トレードをしました。

仕事から帰ってきて、21:30時頃に落ち着いて色々チャートを見ていたらユロポンの1時間足のチャートに目が止まりました。

一時間足で見てたらブレイクするかな?

って雰囲気あって日足で確認してみたら日足でも似たようなサポートラインが3カ所あって、そこにトライしていたので抜けたら一気に行くかな?と予想。

それぞれの気にしていたポイントを抜けたのでlongでエントリーしました。

エントリー → 0.90494

実際にこのエントリーの時にTwitterで呟いてます。

トレードは5分足でチャートを見ながら押し目が出来たらS/L(ストップロス)を上げていく感じで、とりあえずマイナス決済はしないところまでトレイル出来たのでこの日は寝ました。

※図 ②0.90580

そして翌朝起きたらさらに上昇していたので仕事前に直近の押し目までS/Lをトレイリングして仕事に。

※図 ③0.90990

昼休みに確認したらさらに上がっていたので再度S/L値をトレイル。

※④0.91550

最終的にはこのトレイル値で刺さって決済しました。

上記解説を下記チャートで開設するとこんな感じですね。

ERU/GDP long

・エントリー  → 0.90494
・決済 → 0.91550

プラス105.6pipsの獲得

【まとめ】

エントリーポイントはブレイクしそうなところを見つけたら、大きな足でも似たようなブレイクポイントが他の時間足でもチェック。

様々な足でサポートされている部分が多いと抜けるときの勢いは強くなる傾向があります。

そして今回はボラティリティが高いポンドということもあり値動きも大きかったと思います。

基本的には10pips~20pips抜ければ十分と思いながらやっているので100pips以上取れるのは棚ぼたでしたね。笑

しかしこれだ一歩通行だと逆張りナンピンは怖い。。。

また気まぐれでTwitterで裁量トレードをリアルタイムで呟くかもしれませんので良かったらフォローお願いします。

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする