Googleアナリティクスのアカウントを削除する方法って?

Google Analytics

 

ここではGoogleアナリティクスに登録しているアカウントですでに使用していないアカウントを削除するやり方について画像付きで解説していきたいと思います。

 

 

【動画での開設はこちら】


Googleアナリティクスは自身のブログに関しての様々なデータを確認するのにすごく有難い機能ですよね。

 

 

複数のブログを書いている方もこのGoogleアナリティクスにすべてのブログを登録しておけば一括でデータの管理もできます。

 

 

しかし、たくさんのブログをGoogleアナリティクスに登録してみたものの、すでに有効期限が切れたドメインのアカウントや、記事の更新をしなくなったアカウントはGoogleアナリティクスから削除しない限り永遠と残ってしまします。

 

「登録ブログが数が少ないからいいや」という方もいるかもしれませんが中には

「Googleアナリティクスの不要なデータを削除して整理したい」

 

 

という方もいらっしゃるかと思います。

 

 

実際にしっかりとブログの管理していくのであれば、Googleアナリティクス内で自身のデータも管理する上で使わないものは整理整頓しておいた方がスッキリして管理もしやすいものです。

 

アカウントの削除手順も実際にはそんなに難しいことではないので以下の手順を参考に早速整理整頓しておきましょう。

 

 

※アカウントの削除の手順を説明する前に大事なことをお伝えしておきます※
・アカウントを消すとプロパティやビューも削除されます。十分気をつけてください。
・本当にプロパティ・ビューが全て消えても大丈夫か、ちゃんと確認してから削除を実行してくださいね。

 

上記の注意事項を踏まえたうえで以下、Googleアナリティクスに登録したアカウントの削除の手順に入っていきます。

 

 

まずは削除したいアカウントを選択してホーム画面に行きましょう。

 

 

画面左下にある「管理」を選択してください。

 

次に「アカウントの設定」を選択

 

 

 

画面が切り替わったら、右上にある「ゴミ箱に移動」をクリックします。

 

 

 

次に確認画面に切り替わりますので記載事項をちゃんと読んで内容に問題がなければそいのまま「アカウントをゴミ箱に移動」をクリックしたら完了です。

 

 

上記画面の注意事項には….

【アカウントをゴミ箱に移動】

アナリティクス アカウントをゴミ箱に移動する前に、以下のチェックリストをご確認ください。ゴミ箱のアカウントは一定期間を過ぎると復元できなくなります。

ゴミ箱の詳細を確認する

アカウント内の個別のプロパティやビューではなく、アカウント全体を削除してよろしいですか?
アカウントを削除すると、このアカウントの編集権限を持つユーザーには通知が送信されます。アカウントをゴミ箱に移す前に、すべてのユーザーから承認を取ることをおすすめします。
ウェブページまたはアプリからアナリティクス トラッキング コードを必ず削除してください。
続行してもよろしいですか?
                      ※Googleアナリティクスより抜粋

 

と記載されていますのでまだ、トラッキングコードなど削除してないなど上記の内容で手入れしておかなければいけない項目がある場合は先にこれらを整理してアカウントの削除を行って下さい。

 

これで、アカウントはゴミ箱に移動しましたので完了です。

 

 

万が一、上記の注意事項を忘れてアカウントの削除をしてしまっても、35日以内であればゴミ箱から復元することができます。

 

問題なければそのままにしておけば、35日経つと、ゴミ箱から自動で削除されます。

 

メインで使っているアカウントの削除はやらないように気を付けてくださいね!笑

 

ではでは~

 

タイトルとURLをコピーしました