暗号資産の確定申告についての注意点!

個人投資家の中には、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)取引の他に、暗号資産(仮想通貨)に投資している方も多くいるかと思いますがあなたは実際に暗号通貨投資をやっていますか?

そろそろ確定申告の時期になりますが、実は暗号通貨の申告って株式投資などと違って結構な税率が引かれますので注意が必要ですので今回はこの辺について解説をしてきたいと思います。

特に2020年は、ビットコインをはじめ暗号資産が大きく値上がりしましたので、税金の取り扱いはしっかりと押さえておきたいところですね。

目次

暗号資産は「総合課税の雑所得」

先ず初めにここでの解説は、個人で暗号資産への投資をしている場合について説明をしていきますので、法人の場合はまた別の規定となりますので、ご注意ください。

すでに株式投資等をやっている方はご存じの方が多いかと思いますが、日本国内では、株式投資の売却益は「分離課税の譲渡所得」で税率は20.315%、先物・オプション取引やFX取引での利益は「分離課税の雑所得」で税率は同じく20.315%となっています。

ですが、暗号資産の税金はこれらとは大きく扱いが異なります。

本来、個人が得た利益(所得)には所得税・住民税が課税されますが、暗号資産の売却で得た利益は「総合課税の雑所得」となります。

総合課税ということは、給与所得や事業所得、不動産所得など他の所得と合算の上、所得が多くなればなるほど税率が高くなる「累進課税」の扱いとなります。

上述のように、上場株式や先物・オプション、FX取引はどんなに儲(もう)けても20.315%の税率ですが、暗号資産では利益額が大きいと50%を超える税率となることもあるのです。

余談になりますが、海外のブローカーでFXの取引をやられている方の場合はここでお話ししている暗号通貨と同じ申告方法になりますので合わせてお伝えしておきますね。

暗号資産の取引で損失が出た場合は?

株式や先物・オプション取引であれば、損失を翌年以降3年間繰り越し、将来の利益と相殺することができるのですが、現時点で暗号資産についてでた損失は繰り越しは一切出来ません。

もし、本業の他に総合課税の雑所得(例えば副業の収入)がある場合は、それと暗号資産の損失を相殺することはできますが、該当する方は少ないかと思います。

昨年を振り返ってみると、2020年のコロナ・ショック以降は暗号資産の価格が大きく上昇しましたが、逆にコロナ・ショック中は暗号資産も急落し、その時の売買で損失が生じている方もいるのでは…?

もしこの時期に暗号資産の取引によって損失が出た方は、いま説明したように、年間トータルで損失となっていても、残念ながらその損失を翌年以降に繰り越すことができません。

暗号通貨での取引は、ボラティリティが高いので利益も損失も出る時は一瞬で大きな損益が出るのでもし結構な損失が昨年出ている方はちょっと残念ですよね…

暗号通貨取引はその他の取引と一緒に損益と損益通算はできない

ここが大きなポイントになるかと思うのですが、暗号資産の損益と、上場株式や先物・オプション取引、FX取引の損益とを損益通算することもできないので間違って合算して申告しないようにしてください。

何故合算出来ないのか?

最初にもお話ししましたが、上場株式は「分離課税の譲渡所得」、先物・オプション・FXは「分離課税の雑所得」であり、「総合課税の雑所得」である暗号資産とは所得区分が異なるからです。

なので、暗号資産で利益が出て、上場株式の売買で損失が出ていても、両者を損益通算して税額を減らすことはできないという事になるんです。

上でのケースと逆であれば、上場株式の損失については確定申告により3年間繰り越すことができますが、逆に暗号資産で損失、上場株式で利益という場合は、暗号資産の損失は繰り越すことができず切り捨てとなりますから、税金の扱いとしてはかなり厳しいものになってしまいます。

「分離課税の譲渡所得」「分離課税の雑所得」で毎年申告している人からしたら、これホントに凄く凄く損していることに気付きますよね。

というかこれが法律です!と言われたらそうなんですが、やはり「総合課税の雑所得」に関しては個人的には未だに腑に落ちない感覚があるの事実です。

まとめ

ボクも税金についてはあまり詳しくないので毎回この時期は税理士の先生に頼っていますが、大体ここで解説したような感じであっていますので良かったら参考にしてみてください。

実は、この利益の金額の計算においても、注意すべき点がいくつかあって、暗号資産で商品を購入した場合や、他の暗号資産に買い替えた場合も税金が生じることがありますので暗号通貨取引での申告は個人でやるには実は相当ハードルが高いと思っています。

特に細かい取引が多い方はかなり大変なことになるかと思いますよ…汗

暗号資産の税金の取り扱いについてもっと詳しく知りたい、という方は、2020年12月に国税庁から出された暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)にも目を通してみてくださいね。

暗号通貨取引での確定申告って現状でかなりややこしいと思うので分からないという方は思い切ってプロ(税理士)にお願いして頼む方が手っ取り早いかと思いますよ~

という事で今回はこの辺で失礼します。

HAYATOの独り言

HAYATOのアイコン画像HAYATO

ボクは暗号通貨に関してはメインで取引はやっていませんが、保有しているコインは少しだけ持ってます。

暗号通貨取引での税率が分離課税に変われば普通にやりたいとこですね♪

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

HAYATOのアバター HAYATO TEAM+STAFF

FXって本当に稼げるのか!?をテーマに実際に自分で検証してみた結果や感じた事などをまとめたいと思ってブログをはじめましたが、2020/7月にWordpressの操作を誤って、これまで書いてきた記事が全部消えるという事態に...

また新たにコツコツブログ開始して行きますのでよろしくお願いします。

FX・ブログ・アフィリエイトについての経験談を元に少しで誰かの役に立つ記事をと想ってアウトプットしております。

目次
閉じる